自分は最近ですが、財布を落としてしまいました。それでキャッシングカードなどもなくしてしまった経験があります。

それを阻止するために、自分は個人年金でお金をためるようにしております。

現在の保険屋では保険以外にも自分の将来のために貯金をおこなう個人年金といったものがあります。

これは設定はいつでもできますが自分たちは定年を迎えた60歳に設定をしております。

この年齢になって初めて年金を受け取ることができるようになっております。これは貯金というのもありますが、自分たちが実際に年金を受け取ることができるようになるのでは70歳、もしくはほんとうに受け取ることができるのかわかりせん。

それで個人で年金として、たくわえをしておけば、100㌫受け取ることが可能となります。

それで一度契約をしてしまうと、次にすぐに解約というのは人によってかわりますが、基本的には解約はしにくいと思います。

その心理を利用して、妻は継続をして個人年金をおこなっております。これら二つが妻が自分たち家族のために、力を入れてくれて、現在でも継続をして行っている貯金となります。

最後の方法を紹介したいと思います。

以前、故、飯島愛さんがどこかでお話ししていたジンクスをお話しします。
自分よりお金を稼いでいる人にお財布をプレゼントしていただくと
相手の運気が舞い込んでくるというのです。
彼女は毎年お財布を買い替えると言っていましたが、一般人にはなかなか難しい。
ですが、にプレゼントしていただくというのは
チャンスがあれば叶えられると思いませんか?
お相手にもよりますが、
お財布はピンキリの値段です。
お手頃の価格であればお願いできる気がします。
また、飯島愛さんは、運気が舞い込んでくるから、あなたに買ってもらいたい!と
上手におねだりするそうです。
彼女にそんな風におねだりされたら、嫌な顔なんてできないですよね。賢いな、と思います。
実際一度、プレゼントしていただいたことがありますが、
運気が変わったか?と言われるとなんとも言えませんが、
一つ言えることは、気分ははっきりと変わります。
小学校の時に筆箱を新調した時のピリッとした感覚に似ているような。
また、新年に財布を新調するとよいという言い伝え?もあると聞きました。
欲しいときに購入するというのもいいですが、こういったジンクスを縁かつぎにして
新調してみるのもいいのではないでしょうか?。

毎年、お誕生日のプレゼントを悩みます。

何故かというと1月1日だから。初春なので縁起のいいものをしてあげたいと思うし・・・。で、毎年お財布をプレゼントしております。

長財布は持たないので(ポケットからはみ出てどこかに落としたらイヤだというので・・・)二つ折りの財布を捜してました。

以前はメーカーもののルイ・ヴィトンやグッチ、サルバトーレ・フェラガモなどのブランドものをプレのゼントをしていたのですが、ブランドものは価格も高くて毎年プレゼントするには難しくて・・・。

髙島屋のメンズの財布の売場に行って探してみたところ、“ノイ・インテレッセ”と言うメーカーのお財布を見て、車のハンドル用として開発された素材を使用してるので、耐熱性、耐摩擦性、耐光性に優れているとのこと。車好きな旦那の好きそうな素材です!

また、デザインがアクセントとなる2本のラインが入っており、ちょっと人は違うデザインに思えました!

また、中に免許書などの証明書やICOCAやSUICAなのでカードをを入れておく場所もあり、免許証をいつも持ってあるく旦那様や通勤にICOCAやSUICAを使う人にはカードを出さなくていいのでこの財布はいいと思いました。

お札も2ヵ所入れるとこがあって、お札と領収書を分けて入れる人にとってはとても持ちやすい財布だと思いました。それに1番の決め手は価格が12960円(税込み)で求め易い価格でしたのでこのノイ・インテレッセの財布の2本のラインが色を変えて毎年プレゼントしてます。

お財布と職業がつながる不思議なこと
お財布を新しくするとお金が貯まるという話がありますが、お財布の種類によって仕事が変わりました
もしかすると、お財布によって得意分野があるのではないかと考えました
そこで筆者がもったお財布を例に上げて収入と業種を振り返ります

【白いCOMME CA DU MODEの長財布】
コチラのお財布をもった後は一応水商売に入るお仕事をしました
当時筆者の地元では新しいタイプの水商売でした
筆者はどちらかというと化粧の下手な不細工ですが、収入がどんどんあがっていきました
よく、白いお財布珍しいねなんて言われていました
財布が珍しいと仕事も珍しい仕事をするようです

【ルイヴィトンのモノグラムの長財布】
コチラのお財布をもつと堅い仕事
に着きました
公務員ではありませんが、それくらい堅く歴史のあるお仕事でした
収入も時と共に着実にあがっていきました
さすがルイヴィトンです
この仕事をやめた後も医療系の仕事につく事になりました
やはり堅いお仕事でした
さすがルイヴィトン

【100均一の白い二つ折り財布】
こちらを持つと人の入れ替わりや部署の動きの激しい仕事に着きました
幸い流れに乗って希望の部署に行くことが出来たのでお財布をルイヴィトンのモノグラムのお財布に戻しました

以上、お財布によってお金の運びかたが違うというご紹介でした
よろしればご参考になさってくださいませ

わたしはお財布を買うのが大好きで毎年1つ春に買い替えるようにしています。

なんとなくですが古くくたびれた財布を使っていたら、お金が逃げていくような気がするので、いつも綺麗な財布を持つようにしています。

そこで財布選びのポイントですが、いつも悩むのが、使い易いものを選ぶかデザインを重視するのか、もちろん両方気に入ったのが見つかれば一番良いのですが。あとは年齢的にあまりにも安い財布を持つのも少し恥ずかしいような見栄もあり、かといってブランド品の高価なものも買えず毎回悩みます。

価格でいえば1万円~1万5千円くらいのもので、長財布・小銭入れが二つに分かれている・カードが12枚は入る・ファスナー式ではないなど、わたしなりのこだわりがあります。

過去は鞄屋さんで働いていたのであれこれ財布を持ってみて手の大きさにしっくりくるものを選んでいましたが、最近は時間もないので通販で購入するようになってしまいました。

写真などの説明を見ながらの購入なので思ったものと違い失敗もありました(例えばがまぐちが硬くて開けにくいなど)。何度か購入しているのがツモリチサトさんのものやシンクビーで見た目も可愛くて気に入って使わせていただいております。

お財布の値段×200倍が持ち主の年収になるので、安いものは使いたくないもの。私自身、家計を預かる財布はちょっと見栄を張って、海外旅行をした時の免税店で奮発。PRADA(プラダ)のお財布を使っています。そんなプラダ、いきなりデパートに行って買おうと思っても店員の人にしり込みしてしまうこともあるのではないでしょうか。
そんな時は、オンラインでも新製品をチェックすることができます。PRADAウーマンでは、お財布のカテゴリがあり、今、買えるシリーズが一覧で表示されます。
私がいいなと思うのは、サフィアーノのカーフ素材のリボンモチーフがついているもの。太めのリボンっぽいデザインで、色はブラック、ベージュっぽいカメオ、ピオニーピンク、ブルー、ペールピンクがあります。リボンモチーフのものだけでも、ジッパーがぐるりとついているもの、また、コンパクトになっているジッパーがL字についているものとあり、比較検討もできるのが利点。L字のジッパータイプは91800円の値段なので、ちょっとお高いものの、お金が貯まったら気軽にインターネットでポチッと買うことができます。
デパートのPRADAコーナーに、冷やかしにふらっと行けるほどのお金持ちではないものの、インターネットなら「どんな商品があるかな?どれどれ?」と思いつつ、見ることができて、その点も便利。2つ折り、封筒のようなお財布、ゴールドパイピング、プラダロゴが逆三角形になっているもの、オストリッチ素材、と様々なお財布を比較できるのが便利です。

メンズにおすすめの財布はまだまだあります!詳しくはメンズ財布リサーチで自分にぴったりの財布を探してみてくださいね